知ってトクする身近な法律クイズ

【法律クイズ◇第15号】
麻雀による多額の借金



今回は麻雀です。みなさんやったことはありますか? 負けているときは口数も減って、あまりいい思い出がない方も多いのでは。みなさん賭け事はほどほどに!

Wさんは25歳のサラリーマン。仕事帰りに仕事仲間と麻雀をするようになって3年。弱いのに好きだからしょうがないですね。 仲間での賭では1回に5万円近く動くこともある、「暴利レート」です。不幸なことに、Wさんは負けが積もりつもって、先輩のXさんへの負け分が何と100万円に達してしまいました。

Xさん「とうとう大台だな!借用書を作ってもらおうか」
Wさん「そんなの払えるわけないじゃないですか!」
Xさん「1回にもらうつもりはないよ。10か月分割払いで」
Wさん「えーーー!1か月10万円ですかぁ?」
Xさん「お前は独身で会社の寮に住んでいるから払えるだろ!」
Wさん「それはそうですけどぉ」

Wさんは職場での力関係もあり、渋々借用書を作りました。「
WはXに対し、麻雀の負け分100万円を返済する」「毎月WはXに10万円、10か月の間支払う」 「1回でも支払が遅延したときは、期限の利益を失う

Wさん「Xさん『
期限の利益を失う』って何ですか?」
Xさん「つまり残りの負債をすぐ返済しなければいけなくなることだ。」
Wさん「何でそんな難しいこと知っているんですか?」
Xさん「どうでもいいじゃないか。さあ、これでよろしくな!」

Wさんは生活を切りつめて返済を計画しました。ところが...

Wさんの会社の社長「えー、今月から給料を引き下げる。」
一同「そんなの困りますよぉ!!」
社長「不況でうちも厳しいんだ。全員3割カットだ。わしは5割だ!」
一同「まぁクビになるよりはましか...」

Wさんは困ってしまいました。返済できそうにありません。Xさんに相談しました。
Wさん「今月から給料が下がるから返済は無理ですよぉ!」
Xさん「1回でも返済に遅れたら全額一度に返してもらうよ」
Wさん「1回でも難しいのに全額なんて無理なことわかるでしょ!」
Xさん「じゃあ自己破産するしかないのか?」
Wさん「あなたは血も涙もないのですか!!」


さて、Wさんは困ってしまいました。あんな借用書を作るんじゃなかったと後悔しましたが、借用書はXさんが握っています。果たして、この場合、Wさんは100万円を払わなければいけないのでしょうか?

1.支払わなければならない
2.支払わなくてよい



解答へ!



知ってトクする身近な法律クイズ ホームへ

小坂英雄オフィシャルサイト